SEARCH

「WEB」の検索結果108件

  • 2024年5月25日

「小鳥遊そら(CRAYONS)」、練習の成果を存分に発揮し、清らかな歌声で2回目の定期を完遂

 ソロアイドル小鳥遊そら(CRAYONS)が5月24日(金)、月一恒例の定期公演「CRAYONS Family 定期公演 Vol.2」を、グループのホームでもある浅草橋MANHOLEで行った。今回は、「overwhelm.」(オーヴァーウェルム)と城内彩花の2組をゲストに迎え、おおよそ100分のステ […]

  • 2024年5月19日

「ミスマガジン2024」のベスト16進出者が発表。8月に「ミスマガジン2024グランプリ&各受賞者」が決定

 講談社が展開するミスコンテスト、「ミスマガジン2024」のセミファイナルに進出したベスト16が、5月14日(火)、発表された。このミスコンテストは、1982年にスタートし、北乃きい、倉科カナ、衛藤美彩らを輩出した雑誌業界でも最も歴史のあるイベントとなる。今後は、8月には最終選考の上、「ミスマガジン […]

  • 2024年5月18日

妊娠・出産についての実話を基に制作した群像劇『渇愛の果て、』が公開。有田監督は、満席の来場者に感極まる

 映画『渇愛の果て、』は、「家族・人間愛」をテーマにし、あて書きベースの脚本で舞台の公演を行なってきた「野生児童」主宰の有田あんが、友人の出生前診断の経験をきっかけに、助産師、産婦人科医、出生前診断を受けた方・受けなかった方、障がい児を持つ家族に取材をし、実話を基に制作した、群像劇。助産師・看護師・ […]

  • 2024年5月10日

2555年からの使者が2022年に降り立つ。地球の存亡をかけたフランス製SFエンタテインメント『フューチャー・ウォーズ』

 「妙にリアル」なところに惹かれてしまう。逆に言えば、「はるか遠い未来の話」という枠に収まっていない。そう考えると、1950年代や60年代前半の映画で、なかば牧歌的に描かれていたような未来や宇宙の風景は本当に「今は昔」となった。  監督・脚本・製作のフランソワ・デスクラックは2009年からこの作品を […]

  • 2024年3月27日

人気舞台「魔銃ドナー」のリブート作「魔銃ドナー Testament」、本日よりアクション・繊細な心理描写を満載で上演開始!

 制服少女と吸血一族の壮絶な戦いを描き、ガン&ソードの迫力あるアクション、制服×ゴシックの世界観などが話題を呼んだアリスインプロジェクトの人気作品「魔銃ドナー」。スタジオケーズとアリスインプロジェクトがタッグを組み、魔銃ドナーシリーズの原点であるepisode1を「魔銃ドナー Testament」と […]

  • 2024年3月17日

妊娠・出産についての実話を基に制作した群像劇『渇愛の果て、』、特報&場面写真、出演者のコメントが解禁

 知ることは優しさへの第一歩  映画『渇愛の果て、』は、「家族・人間愛」をテーマにし、あて書きベースの脚本で舞台の公演を行なってきた「野生児童」主宰の有田あんが、友人の出生前診断(しゅっせいぜんしんだん)の経験をきっかけに、助産師、産婦人科医、出生前診断を受けた方・受けなかった方、障がい児を持つ家族 […]

  • 2024年3月17日

ソロアイドル「小鳥遊そら(CRAYONS)」が、待望のプレデビュー。4月26日開催の定期公演で本デビュー&作詞曲を初披露

 アイドルグループ・CRAYONS(クレヨンズ)の妹分として、この一年、アイドルデビューへ向けてレッスンを積んできた「小鳥遊そら(たかなし そら)」が、3月15日(金)、CRAYONSの定期公演「CRAYONS<クレヨンズ>定期公演Vol.15」にゲスト出演。見事、アイドルとしてのプレデビューを飾っ […]

  • 2024年2月7日

人気舞台『魔銃ドナー』のエピソード1が、『魔銃ドナー Testament』として3月27日よりリブート

 制服少女と吸血一族の壮絶な戦いを描き、ガン&ソードの迫力あるアクション、制服×ゴシックの世界観などが話題を呼んだアリスインプロジェクトの人気作品「魔銃ドナー」。2024年3月に、スタジオケーズとアリスインプロジェクトがタッグを組み、魔銃ドナーシリーズの原点であるeisode1を「魔銃ドナー Tes […]

  • 2024年2月4日

舞台『ロッカールームに眠る僕の知らない戦争2024』上演中

 舞台『ロッカールームに眠る僕の知らない戦争2024』が現在、草月ホールにて上演中だ。ドストエフスキーの『罪と罰』を安保の時代に置き換え、理想と現実の間で揺れた若者たちを描いた切なくも儚い青春群像劇となっている。 舞台【ロッカールームに眠る僕の知らない戦争】◆脚本・演出:なるせゆうせい◆時代考証・監 […]

  • 2023年11月4日

今関あきよし監督が描く大人の青春ファンタジー映画『青すぎる、青』が公開。上大迫祐希、卒業制作に追われながらの撮影を語る

 鹿児島の美しい日本の原風景を背景に、卒業が間近に迫る美大生が自身を見つめ直す姿を描く大人の青春ファンタジー『青すぎる、青』の東京初日舞台挨拶が11月4日(土)に、新宿K’s cinemaにて行われ、主演の上大迫祐希、共演の原愛音、窪塚俊介、今関あきよし監督らが登壇した。  本作は鹿児島の壮大かつ風 […]