TAG

映画

  • 2021年4月19日

ネットが生み出す闇を描いたドキュメンタリー『SNS-少女たちの10日間-』,いよいよ日本公開

 ホラー映画ではないのに、猛烈な恐怖を感じた。原案:ヴィート・クルサーク、監督:バーラ・ハルポヴァー、ヴィート・クルサークの“リアリティ・ショー映画”『SNS-少女たちの10日間-』が、4月23日(金)からヒューマントラストシネマ渋谷、新宿武蔵野館、池袋シネマ・ロサほかで公開される。おぞましいドキュ […]

  • 2021年4月15日

アニメ映画『神在月のこども』、主人公・カンナ役の「蒔田彩珠」が美保神社と出雲大社にヒット祈願

 この島国の魅力を世界に届けるアニメ制作に国民的&国際的な作品群を生み出してきた制作陣が集結。“島国の根”と書く神話の地「島根・出雲」を目指して駆ける少女の成長を描く劇場オリジナルアニメ『神在月のこども』(かみありつきのこども)が2021年秋に全国公開いたします。  日本各地では“神無月(か […]

  • 2021年4月8日

伝統か時代か? 風習からの脱却を望む姉妹の心の内を映像化した『ハウス・イン・ザ・フィールズ』いよいよ公開

 モロッコに行ったことがあるだろうか?  ぼくはない。でも、少なくとも景気が良くてバリバリだった頃の日本で青壮年期を過ごしたひとの中には、それなりにいるはずだ。スペインの隣だし。  では、モロッコの高アトラス南西地域に行き、アマズィーグ人と共に生活した日本人はどのくらいいるだろうか?  おそらくいな […]

  • 2021年4月7日

「芳根京子」が渾身の演技を披露。映画『Arc アーク』の新場面写真解禁

 『愚行録』『蜜蜂と遠雷』で国内外より注目される石川慶監督の待望の新作映画『Arc アーク』が6月25日(金)より全国ロードショー致します。  原作は21世紀を代表するSF作家ケン・リュウの傑作短編小説「円弧(アーク)」(ハヤカワ文庫刊)。原作の息をのむほど斬新な不老不死のシチュエーションと、行間に […]

  • 2021年3月30日

名匠・佐々部清監督、渾身のラストストーリー映画『大綱引の恋』、1周忌追悼上映イベント開催

 5月7日(金)より全国公開される映画『大綱引の恋』より、メインキャストの集結する、佐々部清監督 1周忌追悼上映イベントが3月29日(月)、スペース汐留にて実施された。               ● 昨年3月に急逝した佐々部清監督の遺作映画『大綱引の恋』が、5月7日より全国公開される。3月29日に […]

  • 2021年3月24日

7日間の未体験覚醒ゾーンへ。映画『ホムンクルス』冒頭映像解禁!

 伝説的カルト漫画「ホムンクルス」の唯一無二の世界観の実写化ということで、解禁ニュースの度にトレンド入りするほどネット上で話題となっている映画『ホムンクルス』より、2分20秒の本編冒頭映像が解禁となった。常田大希率いる音楽集団millennium paradeが歌うメインテーマ「Trepanatio […]

  • 2021年3月23日

この狂気はリアルだ! 暗黒の実話をベースにした映画『ロード・オブ・カオス』がいよいよ公開

 実話をもとにした、あまりにもすさまじい映画だ。どこから説明していいのか、すさまじすぎて迷うしかない。それほどのすさまじさがある。  舞台は1987年のノルウェー・オスロまでさかのぼる。19歳のギタリストであるユーロニモスは、ヴォーカリストのデッドらと共にブラック・メタル・バンド“メイヘム”を結成し […]

  • 2021年3月22日

この展開を読み切れるか!? 痛快エンタメ作『騙し絵の牙』、3/26公開

 息もつかせぬ展開だ。「ネタバレ厳禁」の映画は世にもたくさんあって、なかには「てやんでぇ、なにが厳禁でぇ、こちとら言いふらしてやりてぇぜ」的な作品にも、ごくたまに出くわす。だがこの『騙し絵の牙』に限っては、もう、絶対に違う。エッシャーのだまし絵が動き出したかのような、猛烈な疾走感をたたえた120分余 […]

  • 2021年3月22日

「小槙まこ」主演、タイムスリップ・ラブロマンス作『葵ちゃんはやらせてくれない』、5/7に上映決定

 『UNDERWATER LOVE おんなの河童』『れいこいるか』『こえをきかせて』など、幅広いジャンルの映画作品を世に送り出してきた奇才監督・いまおかしんじの最新作『葵ちゃんはやらせてくれない』が、5月7日(金)より公開されることが決定した(5月13日(木)までの1週間限定上映)。  映画監督志望 […]

  • 2021年3月16日

知られざるリアルを知るために始めた探索の果てには何が待っているのか? 映画『コントラ』3月20日より上映

 こんな映画も文章も、いまだかつて体験したことがない。内容はとんでもなく新鮮なのに、映りこむ風景は日本昔話の中から飛び出してきたようにトラディショナルだ。舞台となっているのは日本の田舎町。映像はモノクロ、時間は140分余り。セリフは抑えに抑えている。なのに眠くもならないし、まったくダラケ感も与えない […]