震災で大切な人を亡くした人の“心の復興”を描く映画『漂流ポスト』。主演・雪中梨世のオフィシャルインタビュー解禁

震災で大切な人を亡くした人の“心の復興”を描く映画『漂流ポスト』。主演・雪中梨世のオフィシャルインタビュー解禁

東日本大震災から10年。
この場所には今も亡き人への想いが届く。

 “漂流ポスト”とは、「手紙を書くことで心に閉じ込められた悲しみが少しでも和らぎ、新たな一歩を踏み出す助けになるなら」という想いから、被災地である岩手県陸前高田市の山奥に建てられた郵便ポスト。当初は東日本大震災で亡くなった人への想いを受け止める為のポストだったが、今では病気や事故など、震災に限らず亡くなってしまった最愛の人に向けた想いを手紙に綴り、届ける場所になっている。震災から9年以上経った現在も多くの手紙が届き、その数は500通を超える。手紙は同じ境遇の人々にシェアされ、心の復興を助けている。

 2011年3月12日に仕事で岩手を訪れる予定だった清水健斗監督は、自分が1週間前に訪れた場所が津波に流されてしまう様子をニュースで見て、他人事とは思えず、長期ボランティアに参加。そこで直に見聞きした被災者の想いを風化させないために、ニュースで知った“漂流ポスト”を舞台に、心の復興の映画を製作した。

 本作の趣旨に賛同した漂流ポストの管理人・赤川勇治の全面協力により、実際に漂流ポストのあるガーデンカフェ森の小舎での撮影を敢行。東日本大震災で親友の恭子を亡くした主人公・園美役の雪中梨世が実際に漂流ポストに届いた手紙を初めて読んでいるところを撮影したドキュメンタリー映像を本編で使うなど、リアリティを大切に制作された。

 本作は、ニース国際映画祭 最優秀外国語短編映画グランプリ、ロンドン国際映画祭 外国語長編作品部門 最優秀助演女優賞(神岡実希)、ロサンゼルス・インディペンデント映画祭 最優秀外国語短編映画、テキサスのプレスプレイ映画祭 最優秀短編映画及び最優秀監督を受賞し、満を持して公開が決定! 2/27(土)~3/12(金) 大阪シネ・ヌーヴォ、3/1(月)~3/13(土) 福島県いわき市 KURAMOTO、3/5(金)~3/18(木) アップリンク渋谷 、3/5(金)~3/11(木) アップリンク京都、3/5(金)~3/19(金) 盛岡ルミエール、横浜・ジャック&ベティでの上映が決まっている。

この度、主演の雪中梨世のオフィシャルインタビューが届いた。

――実在の漂流ポストの管理人の赤川さんとはどのような話をしましたか?

 漂流ポストにどんな想いが込められているかという話をしていただいて、どんな方が今まで来てくださったとか手紙を書いたことによって一歩踏み出せたんだよというお話をしていただきました。

――監督とは撮影前に何か話しましたか?

 「気負わず、雪中さんが思ったままやってくれていいからね」と言っていただきました。撮影前に、漂流ポストを取材した番組の映像と被災地の高台にある「風の電話」の映像をいただきました。

――撮影はいかがでしたか?

 本当に3.11を風化させないという想いが集まってできた撮影だったと思います。(実在の漂流ポスト管理人の)赤川さんの全面協力で、実際に漂流ポストがある場所で撮影ができたということもそうですし、監督が主人公の心情に寄り添ってくださっていたので、普段だったら映画の撮影はスケジュールの関係でバラバラに撮ったりするんですけれど、脚本通り順撮りで撮ってくださったので、すごくやりやすかったです。

――ドキュメンタリー的なシーンもあるとの事ですが、どのシーンですか?

 (漂流ポストのある)ガーデンカフェ森の小舎に実際に届いた手紙を入れている箱があって、その手紙を読むシーンです。

――監督は、この映像を本編で使うとは言わないでカメラを回していたそうですね?

 言わなかったんです!手紙を書いている一文字一文字に魂がこもっていて、どういう想いでこの手紙を書いたんだろうと考えるだけで言葉にできない想いが出てきました。

――実際の漂流ポストやガーデンカフェ森の小舎で撮影できたことは演技に影響しましたか?

 だいぶ大きかったと思います。森の中にあるんですけれど、周りに建物がなく、本当に静かで、赤川さんの包み込むような優しさが全面的に出てきているので、そこで引き出されるものがありました。

――「一歩踏み出すことが、忘れることにつながりそうで怖いんです」というセリフのシーンが真に迫っていましたが、撮影時のエピソードはありますか?

 私もそのセリフが印象的でした。実際に私も撮影前に大切な人を亡くしたこともあって、どうしたらいいんだというやり場のない気持ちが迷いになっていました。「自分の自己満じゃないか」「忘れることにつながりそうで怖い」という思いでそのまま演じました。自分の葛藤もあったと思うし、それが漂流ポストに来る人たちと同じ想いなのではないかと感じたので、自分の迷いや葛藤は全面的に出していこうと思いました。

――本作で特に注目してもらいたい部分はありますか?

 手紙を書くシーンです。撮影のちょっと前に亡くなった祖母に実際に手紙を書いたんです。撮影前も、このモヤモヤした気持ちはどうしたらいいんだろうなとすごく迷っていたので、この手紙に全部ぶつけようと思って書いたら、本当に不思議なくらい肩の力がふーって抜けて、すっきりしたんです。なので、手紙を書くということは文字にエネルギーが込められているんだなとすごく感じました。

――ただ役者として撮影に行ったというだけではなく、大切な人を亡くした一人として、漂流ポストに助けられたという部分があるんですか?

 はい、それがきっかけで手紙を書くようになったし、伝えたいときは手紙にしようと思うようになりました。

――インタビューを読んでいる方にメッセージをお願いします。

 3年前に海外(映画祭)に行った作品が、震災から10年という節目の年に劇場で公開していただけることは本当に嬉しいです。この作品を見て、1人でも多くの人が一歩前進できるきっかけになればいいなと思っています。

映画『漂流ポスト』

2月27日より各地で順次公開
<出演者>
雪中梨世 神岡実希 中尾百合音
藤公太 永倉大輔

<スタッフ>
監督・脚本・編集・プロデュース:清水健斗 撮影監督:辻健司  録音:田原勲 メイク:大上あづさ 制服:下山さつき 音楽:伊藤明日香 撮影協力:赤川勇治 漂流ポスト3.11 配給:アルミード
(C)Kento Shimizu 2018/日本/カラー/30分/シネスコ/ステレオ

公式サイト:https://www.hyouryupost-driftingpost.com/

エンタメカテゴリの最新記事