宝監督の初長編作『あなたにふさわしい』、待望の公開。「2017年から準備をしてきて、やっと公開することができました。本当に救いとなっています」

 避暑地を舞台とした大人の恋愛映画『あなたにふさわしい』は、2つの夫婦関係を軸に「ふさわしさ」や「名前」を巡る群像劇。

 本作は、第19回TAMA NEW WAVE ある視点部門やボストン国際映画祭2019など国内外の映画祭で上映され、ロサンゼルスのJAPAN CUTS Hollywood 2019では、日本のより良いコンテンツを世界に広めるために設置されたフィルミネーション賞を受賞した。

 本作の軸となる夫婦を、『テイク8』(15/監督:上田慎一郎)でヒロインを演じ、同じく上田監督の『カメラを止めるな!』では主題歌を歌唱した山本真由美と、『殿、利息でござる!』などデビュー以来話題作への出演が続く橋本一郎が演じ、オイド映画祭東京では主要キャストが特別賞(演技部門)を受賞。

 6月12日に行われた初日舞台挨拶には、心に空いた穴を埋めるため不倫をし、絶縁状も用意する専業主婦役の山本真由美とその夫役の橋本一郎及び、本作で長編監督デビューの宝隼也監督が登壇し、コロナ禍に公開日を迎えた想いや撮影秘話を語りました!
           ●
 新型コロナウィルス対策で、アップリンク吉祥寺では、“登壇者もマスク着用で、お客様との間にビニールカーテンを貼り、登壇者は3人のみ”ということで、宝隼也が司会を担当! 「本作は初めての長編なんですけれども、2017年から準備して、やっと完成して、やっと上映となったのですが、大変な世の中となってしまい、不安な中準備してきました。ただ、こうやって映画館がやっているということが本当に救いとなっています。『あなたにふさわしい』は小さい映画なんですけれども、本日から上映が始まりますので、ぜひ応援していただけたら嬉しいです」と挨拶。

 緊急事態宣言を経て初日を迎えた想いを聞かれた山本は、「映画が公開されるか不安だったんですけれど、こうやって公開初日を迎えられたことを本当に嬉しく思っています」、橋本は「舞台や映画(の撮影)が飛んだりする中、初日が迎えることができて本当に嬉しく思います」と挨拶しました。

 本作は、濱口竜介監督の『ハッピーアワー』も執筆した高橋知由が脚本を執筆。脚本を読んだ時の感想を聞かれた山本は、「直接的な言葉のやりとりというよりは、行動だとかが一つ一つ影響し合って人間関係が浮き彫りになっていく作品で、軽井沢の別荘地で繰り広げられていくというのは興味深いなと思いました」。

 橋本は、「よく練られているなと思ったのは、言葉だったり心情からくるものだったりは一緒くたにして考えがちですが、分けて捉えることができるような構造になっているけれど、同時に重くなりすぎないのがすごいと思った」と、語りました。

 映画の中での自分の役の役割についてどう考えて演じたかを聞かれ、山本は「人と人は影響し合っていると思いますが、美希の行動で、周りのみんなを振り回すというか、きっかけを与えるという印象でした。つかみどころがないというか、スルッと抜けていくというような印象がありました」と回答。

 橋本は、「由則は多弁な方なんですけれど、その多弁さの中に、何か足りないというか、見ている方に入ってこないように意識しました」と話しました。

 宝監督は、「僕は撮影中は知らなかったんですけれど、山本さんは、不倫相手役の中村有さんと、撮影前にデートしたそうですが、どういう想いからデートされたんですか?」と質問。山本は、「スキャンダルに聞こえますけれど(笑)、撮影前に顔合わせがあったんです。中村さんの方から、『役について話せるものなら話し合いたい』と提案がありました。現場によってはそれができないこともあるんですけれど、中村さんは連絡をくれて、『1回会ってご飯でも行きますか』と言ってくれたんです。その時はおでんを食べました。言ってもいい話なんですけれど、そういう役柄でもあるので、秘密を抱えて、あえて密会をしたことは皆には内緒にして撮影に挑みました」と告白。「中村さんと(橋本)一郎さんは仲良しなのに、あえて内緒にしてしまいました。今言っちゃいましたけどね!」とお茶目な面を覗かせました。

 橋本さんは、奥さんに不倫される夫役を演じた感想を聞かれ、「見て頂いたらわかるんですけれど、由則は機微に対して感度が高い方ではないです。自分もそういうところがあるんですけれど、こういうのは気付かない人もいるだろうなとすごく思います。自分が本当にされたらどうなるんだろうなと考えたんですけれど、もしかしたら同じような行動をとるかもしれないと思いました」と話しました。

 最後に観客の方にメッセージとして山本は、「こういった状況の中で劇場に足を運んでくださり、本当にありがとうございます。映画は映画館で見る体験で、今日の季節であったり、ここまでいらっしゃる記憶と一緒に残るものなのかなとも思いますので、ぜひスクリーンで楽しんで行って頂けたら嬉しいです」、橋本は、「こういう時期にここで皆さんとご一緒できたということに感謝しています。見に来てくださってありがとうございます」と心からの感謝を伝え、初日舞台挨拶は終了した。

 アップリンク吉祥寺では、6月14日(日)18:40~の回上映後に、本作出演の山本真由美、島侑子、紺野ふくた、6月17日(水)18:40~の回上映後に、中村有、宝隼也監督ほか、トークイベントを予定している。

『あなたにふさわしい』

【あらすじ】
専業主婦の飯塚美希(山本真由美)は、ブランドネーム開発をしている夫・由則(橋本一郎)に対して不満を持っている。ある日、由則の仕事のパートナー・林多香子(島侑子)とその夫・充(中村有)とともに、別荘を借りて2組の夫婦で5日間の休暇を過ごすことになった。しかし、現地に着くやいなや、由則と多香子は急遽発生した仕事上のトラブルを解決するため別行動に。美希と充は不満かと思いきや、実は二人は隠れて浮気していたのだった。その夜、由則が話す仕事の思想を聞いた美希は、由則との間にある溝が埋まらないことに気づいてしまい…。森の中で出会った訳あり野鳥カメラマン(鶏冠井孝介)を巻き込み、美希はどのような決断を下すのか?

山本真由美 橋本一郎 島侑子 中村有
鶏冠井孝介 紺野ふくた

監督:宝隼也 脚本:高橋知由 配給・宣伝:アルミード 
(C)Shunya Takara 2018 / 日本 / カラー / 83分 / 16:9 / stereo

https://anafusa.com/