「サンダルテレフォン」、“いい曲のアイドル”を聴きたければ彼女たちを見逃すな! 話題のアルバム『Step by Step』収録曲をすべて披露したワンマンライヴを遂に開催

「サンダルテレフォン」、“いい曲のアイドル”を聴きたければ彼女たちを見逃すな! 話題のアルバム『Step by Step』収録曲をすべて披露したワンマンライヴを遂に開催

 8月25日リリースのファースト・ミニ・アルバム『Step by Step』が絶賛されている4人組ユニットサンダルテレフォン(小町まい、夏芽ナツ、藤井エリカ、西脇朱音)が9月20日に東京・六本木morph-tokyoでワンマンライヴ「【1st one man live】ありきたりで、特別な女の子が、大人になる前に」を開催した。当初はグループ結成から約1年後の4月25日に行なわれる予定だったものの、新型コロナウイルスの影響で延期となり、デビュー・シングル「真夏の匂い」会場限定盤のリリースからちょうど1年後の当日となるこの日に敢行。メロディとリズムの玉手箱と呼びたくなる『Step by Step』全曲に加え、驚きのカヴァー曲も含むセレクションに、なぜ今サンダルテレフォンがこんなに熱い注目を集めているのか、その答えをとことん教えられた気分だ。

 開場時間とほぼ同時に、サンダルテレフォンに「真夏の匂い」「Magic All Night」「Follow You Follow Me」など数々の楽曲を提供しているちばけんいちのDJが始まり、その響きに吸い寄せられるようにオーディエンスが次々とmorph-tokyoのフロアに入ってゆく。目の覚めるようなソリッドな曲つなぎ、重ね方、音色の加工に体を揺らしていると、あっというまに時間が過ぎる。世界中の9月で再生されているに違いないアース・ウィンド&ファイアーの「セプテンバー」を“away”の箇所で止めてそこだけリピートしたあと、スクリーンがおりてオープニングSEへ。SMILE、DANCE、MOVE、MUSICという、サンダルテレフォンを形作るといってもいいであろう4つの言葉が大きく映し出され、スクリーン越しに見えるメンバー4人のシルエットに観客は猛烈なクラップで応える。1曲目は、グループ名を歌詞に織り込んだ「コーリング」だ。

 最初こそ「昨日まで緊張してなかったのに、さっきから緊張し始めて、あれって思った」(西脇)と緊張を隠せないようだったが、今回特別に配られた「YEAH」「HOO」と書かれたカード(コロナ禍のため、オーディエンスは場内でコールできないので)の使い方を観客にレクチャーするあたりになると、自然と和やかな雰囲気に。“今の私たちにピッタリな曲です”という「Step by Step」、“パッパッパー、パラパパー”というリフレインが猛烈に気持ちいい多幸感満載ディスコ・ファンク「Follow You Follow Me」、さらにシックな黒衣装に着替えての「ワンダーランド」、赤羽橋ファンクのファンも気に入るに違いないマイナー調「Sleeping Beauty」と持ち曲を続けた。フリコピ意欲をそそるメリハリのあるダンス、親しみやすいメロディ、骨太なリズム、かっこいいコード・ワーク、すべてに恵まれているのがサンダルテレフォンだ。

 続いては、このライヴならではの特別企画といえるカヴァー曲のコーナーへ。夏芽ナツは「青い珊瑚礁」(オリジナル・アーティスト;松田聖子)、開催前日に“でこぼこシスターズ”というユニット名を決めた藤井エリカと西脇朱音は「夢をかなえてドラえもん」(オリジナル・アーティスト;mao)、小町まいは「GLAMOROUS SKY」(オリジナル・アーティスト;中島美嘉)、さらに全員で「ラブリー」(オリジナル・アーティスト;小沢健二)を歌い、サンダルテレフォンのオリジナル曲に臨んでいるときとは異なる魅力を発揮した。それにしても、まさかディスコ・ファンク系のガールズグループのライヴで、ドラえもん楽曲が聴けるとは。予想外のうれしさに、心の中で“♪タケコプター?”“♪四次元ポケット?”等の合いの手を入れてしまった。

 “大人とは?”との問いに答えるメンバーの映像がスクリーンに映し出され、各人各様の答えにオーディエンスが感銘を受けているうち、いよいよライヴは最終コーナーに。抜けるような青空が浮かんできそうなサマー・ソング「真夏の匂い」であっという間に過ぎ去ってしまった(しかもコロナで思うにまかせなかった)今年の夏の終わりを惜しみ、そこからハンドクラップ炸裂・ミラーボール大回りの「Magic All Night」、そしてエモーショナルな歌詞も胸に迫る「Shape the Future」で本編を締めくくった。アンコールでは、キレキレの電話ポーズが印象的な「コーリング」を再びパフォーマンス。“もう終わりなの?”というぐらい充実した百数分だった。

 10月15日に東京・ラドンナ原宿で開催される「サンダルテレフォン第一回定期公演」では、2021年1月リリース予定の新作から表題曲「SYSTEMATIC」が初披露される予定。

サンダルテレフォン https://sites.google.com/view/sandaltelephone/home
小町まい https://twitter.com/komachi_mai
夏芽ナツ https://twitter.com/kagami__natsu
藤井エリカ https://twitter.com/fujii_erika
西脇朱音 https://twitter.com/nishiwaki_akane

エンタメカテゴリの最新記事