原田和典
AUTHOR

原田和典

  • 2021年5月6日

愛するけど、愛されないすれ違い女子を熱演した「辻千恵」。その魅力が開花した、長編初主演作『男の優しさは全部下心なんですって』

 ここまで“すれ違い”を満喫させてくれる作品も少ないのではないか。考えようによってはけっこうヘヴィーな展開もあるのだが、色調やアングルも含めて撮り方がとてもポップなためか、ぜんぜんウジウジした感じがしない。いろんな種類のおいしいスナック菓子を次から次へと口に運んでいるような気持になる。時間が70数分 […]

  • 2021年4月23日

ストーリー、芝居、カメラワーク等、すべてがパワーアップ! 『映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット』がいよいよ公開

※編注 新型コロナウイルス感染拡大と、4都府県への緊急事態宣言の発令に伴い、公開が延期されています  『映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット』が4月29日(木・祝)から全国公開される。監督は引き続いて英勉が担当。劇場版一作目の公開初日(2019年5月3日)の観客の熱気を見て確かな手ごたえを感 […]

  • 2021年4月19日

ネットが生み出す闇を描いたドキュメンタリー『SNS-少女たちの10日間-』,いよいよ日本公開

 ホラー映画ではないのに、猛烈な恐怖を感じた。原案:ヴィート・クルサーク、監督:バーラ・ハルポヴァー、ヴィート・クルサークの“リアリティ・ショー映画”『SNS-少女たちの10日間-』が、4月23日(金)からヒューマントラストシネマ渋谷、新宿武蔵野館、池袋シネマ・ロサほかで公開される。おぞましいドキュ […]

  • 2021年4月12日

「宮本すずよ」、2度のコロナ延期を乗り越え、会心作『東京の夜』発売記念ワンマンを遂に開催。歌、ダンス、MCでエンターテイナーとしての本領を発揮

 コロナ禍による2度の延期を経て、ついにこの日がやってきた。  歌手、作詞家・作曲家、ヴォーカル・コーチ、ショウガール、役者、ナイトクラブのママ(新宿ゴールデン街「Happy」)と多彩な顔を持つ“エンターテイメント・シンガー”、宮本すずよが4月5日(月)、渋谷・クラブクアトロにてワンマンライブ「NE […]

  • 2021年4月10日

「ミライスカート+」、現在の充実ぶりをストレートに伝える会心のステージ。アルバムを携えての5大都市ツアーも発表

 京都を拠点とする児島真理奈のソロユニット、ミライスカート+(プラス)が4月9日(金)、東京・下北沢LIVEHOLICにてワンマンライブ「おいでやす!ギュッとミライスカート~vol.3」を開催した。今回のサブタイトルは“~ハルフルスイング!~”。告知画像には桜の写真がプリントされ、それを見ているだけ […]

  • 2021年4月8日

伝統か時代か? 風習からの脱却を望む姉妹の心の内を映像化した『ハウス・イン・ザ・フィールズ』いよいよ公開

 モロッコに行ったことがあるだろうか?  ぼくはない。でも、少なくとも景気が良くてバリバリだった頃の日本で青壮年期を過ごしたひとの中には、それなりにいるはずだ。スペインの隣だし。  では、モロッコの高アトラス南西地域に行き、アマズィーグ人と共に生活した日本人はどのくらいいるだろうか?  おそらくいな […]

  • 2021年4月6日

「HelloYouth」、5大都市ツアー「青春ライブ宣言~HelloYouthの課外授業~」の初日を東京で開催。現ラインナップでの総決算となる熱血ステージ、新曲「僕らの唄」も披露

 175R(イナゴライダー)のベーシストISAKICKをサウンドプロデューサーに迎え、2018年7月に結成。福岡県を拠点に、等身大の青春をテーマに活動する熱血6人組グループ、HelloYouthが5大都市ツアー「青春ライブ宣言~HelloYouthの課外授業~」の初日(4月4日)を東京・大塚Hear […]

  • 2021年3月23日

この狂気はリアルだ! 暗黒の実話をベースにした映画『ロード・オブ・カオス』がいよいよ公開

 実話をもとにした、あまりにもすさまじい映画だ。どこから説明していいのか、すさまじすぎて迷うしかない。それほどのすさまじさがある。  舞台は1987年のノルウェー・オスロまでさかのぼる。19歳のギタリストであるユーロニモスは、ヴォーカリストのデッドらと共にブラック・メタル・バンド“メイヘム”を結成し […]

  • 2021年3月22日

この展開を読み切れるか!? 痛快エンタメ作『騙し絵の牙』、3/26公開

 息もつかせぬ展開だ。「ネタバレ厳禁」の映画は世にもたくさんあって、なかには「てやんでぇ、なにが厳禁でぇ、こちとら言いふらしてやりてぇぜ」的な作品にも、ごくたまに出くわす。だがこの『騙し絵の牙』に限っては、もう、絶対に違う。エッシャーのだまし絵が動き出したかのような、猛烈な疾走感をたたえた120分余 […]

  • 2021年3月16日

知られざるリアルを知るために始めた探索の果てには何が待っているのか? 映画『コントラ』3月20日より上映

 こんな映画も文章も、いまだかつて体験したことがない。内容はとんでもなく新鮮なのに、映りこむ風景は日本昔話の中から飛び出してきたようにトラディショナルだ。舞台となっているのは日本の田舎町。映像はモノクロ、時間は140分余り。セリフは抑えに抑えている。なのに眠くもならないし、まったくダラケ感も与えない […]