原田和典
AUTHOR

原田和典

  • 2021年10月13日

ジョニー・デップが演じた報道写真家=W・ユージーン・スミスはまた、大のジャズ・ファンでもあった。「マンハッタン6番街821番地の神話」に迫る、貴重証言続出のドキュメンタリー『ジャズ・ロフト』

 9月23日からアンドリュー・レヴィタス監督作品『MINAMATA―ミナマタ―』が上映されている。水俣病の惨状を世界に伝えた写真家、W・ユージーン・スミスの物語で、ジョニー・デップがスミス役を演じているのも話題だ。  このユージーン・スミスはまた、大変なジャズ・ファンであり、録音マニアでもあった。そ […]

  • 2021年10月12日

料理人は世界最高のスパイになりうるか? 映画『THE MOLE(ザ・モール)』公開!

 「mole」という英単語を辞書で調べるとモグラ、ほくろ、あざ、スパイなどの語句が出てくる。10月15日より東京・シネマート新宿、大阪・シネマート心斎橋ほか全国順次ロードショーされる『THE MOLE(ザ・モール)』で描かれるのは、ずばり、スパイの世界。しかもフィクションではなく、ドキュメンタリーな […]

  • 2021年10月10日

話題作『Cosmetic DNA』が遂に公開! 主演・藤井愛稀“運命みたいなものも感じたので参加させていただきました”、大久保健也監督“自分で言うのもアレなんですけど、ものすごくブッ飛んでる”

 2020年、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭で北海道知事賞を獲得。映画監督の清水崇や映画評論家の塩田時敏、「孤高のカルト芸人」永野らが称賛する、いわくつきの作品『Cosmetic DNA』の上映が遂に始まった。公開初日にあたる10月9日、新宿K’s cinemaで行われた舞台挨拶に […]

  • 2021年10月7日

映画『Cosmetic DNA』、「男尊女卑=理不尽」な世界へ別れを告げ、新たな次元へ! 明日に向かって生きる女性3人の、たまらなくカラフルでスリリングな物語

 ドイツ・ハンブルク日本映画祭 ジャンル作品特別賞受賞、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭 北海道知事賞受賞。『Cosmetic DNA』が10月9日から東京・K’s Cinemaほか全国順次公開される。監督・脚本は大久保健也。  2019年に発表された「ジェンダー・ギャップ指数」で、日本は世界1 […]

  • 2021年10月6日

映画『草の響き』。伝説的小説家・佐藤泰志の作品を映画化。心の失調から立ち上がろうとする男の、生の輝きを描き出す

 1990年の他界から31年。小説家・佐藤泰志に対する評価は高まり続けているといっても過言ではない。その著作が最初に映画化されたのは『海炭市叙景』(2010年公開)。僕は恥ずかしながら、この映画を見に行って佐藤泰志という名を知った。そして、10月8日から『草の響き』が、新宿武蔵野館・ヒューマントラス […]

  • 2021年10月4日

「SHILoN」、マルチに活躍する才人が、渋谷クラブクアトロでデビューワンマンライヴを開催。最高のメンバーと共に、会心のステージを披露

 画家、モデル、アパレル・ブランド「VOLCAN & AHRODITE SHIBUYA109店」のモデル兼スタッフ、スイーツ・ショップ「Sweet XO Good Grief」のスタッフなどマルチに活躍するSHILoN(シロン)が、歌手としての姿をたっぷり披露した。それが9月28日に東京・渋 […]

  • 2021年10月4日

「Saltie」、まさに“NAKED SOUL=むきだしの魂”。S・ワンダーとも共演歴のある超実力派シンガーが、凄腕メンバーと共にバースデイ・コンサートを開催

 楽曲「Thank You」が、人気テレビ番組『キングオブモルックのモルック大作戦!!』のエンディング・テーマに採用(2021年7月よりTOKYO MXで毎週金曜に放送)。自身のルーツ音楽に焦点を当てた『NAKED SOUL~The BEST COLLECTION 2020~』もロングセラー中のSa […]

  • 2021年9月29日

ラブコメ、サスペンス、下心、すれ違い……“大人の青春”がふんだんにつめこまれた一作『人生の運転手(ドライバー)~明るい未来に進む路~』

 年齢を重ねても、苦労や痛みを刻み込んでも、それでも新しい朝はやってくるし、青春の気分に戻れるんだ——そう納得させてくれる快い映画だ。主人公ソックを演じるイヴァナ・ウォン(シンガー・ソングライターとしても活動)の軽やかな発声と振る舞いもすごく観る者をポジティヴにさせる。香港で […]

  • 2021年9月29日

映画『恐るべき子供たち 4Kレストア版』。メルヴィル+コクトー+ドカエの出会い。即興性を重視した名作フランス映画が4Kレストアで蘇る!

 海外の古典的名作を映画館で見る機会はどんどん少なくなっているような気がする。家でソフトを見るのも配信で見るのもたしかに映画体験ではあるが、真っ暗な館のなかでスクリーンにうつる「異文化」と対峙するのは実に楽しいものだ。終わった後にカタルシスを伴う2時間前後のトリップ、これは実はすごく贅沢なのではない […]

  • 2021年9月28日

映画『護られなかった者たちへ』がいよいよ公開。東日本大震災から9年後に、不可解な殺人事件が起こった。大ヒット・ミステリー小説が強力ラインナップで映画化

 中山七里のミステリー小説『護られなかった者たちへ』が、ついに映画化された。監督は瀬々敬久、脚本は林民夫と瀬々敬久、音楽は村松崇継が担当する。  舞台は2020年、宮城県内の都市部。中年男性が全身を縛られたまま一室に放置され餓死するという事件が連続して起こった。被害者はいずれも高い地位にあり、社会的 […]