原田和典
AUTHOR

原田和典

  • 2024年2月16日

研究、恋愛、偽装結婚、その先にある「幸せ」。実話を基にした、多文化共生ラブストーリー

 愛知にて先行公開中の白羽弥仁監督作品『フィリピンパブ嬢の社会学』が、2月17日より新宿K’s cinemaほか全国公開される。実体験を基につづられた新書「フィリピンパブ嬢の社会学」(著:中島弘象)を原作とした異色のラブストーリーだ。  時代は2010年代前半、主人公・中島翔太は愛知県の […]

  • 2024年2月16日

「すさまじい威力の拳をもってしまったがために」……。男の運命と憤怒を描く韓国ノワール『THE WILD 修羅の拳』

 「ひとつの技能に卓越しすぎてしまった男の悲哀」が描かれている。主人公は、元ボクシング選手のウチョル。彼は「賭けボクシング」で相手と戦い、結果、その相手は絶命した。もっとも実際は「激しく殴られたから、すなわち死んだ」というほど簡単なものではなく、相手だって同じくらいのウエイトのあるボクシング選手なの […]

  • 2024年2月10日

「未体験ゾーンの映画たち2024」の強力作品。カナダ殿堂入りのテクノ・スリラー

 世界各国から選出された、まだ日本では陽の目を見ていなかった作品を一挙上映する恒例企画「未体験ゾーンの映画たち」が、今年も始まった。興味津々のラインナップの中で、ひときわ異彩を放つのが、人呼んで“カナダ殿堂入りのテクノ・スリラー”こと『COME TRUE/カム・トゥルー 戦慄の催眠実験』。アンソニー […]

  • 2024年2月10日

「群青いろ」17年ぶりの劇場公開作は、かつてないラブストーリー『雨降って、ジ・エンド。』

 脚本家・監督の髙橋泉と、俳優・監督の廣末哲万からなる映像ユニット「群青いろ」による、17年ぶりの劇場公開作品『雨降って、ジ・エンド。』を、2月10日から東京・ポレポレ東中野で観ることができる。私は先日、彼らの2012年作品『あたしは世界なんかじゃないから』の上映イベントに行き、時代を先取りした映画 […]

  • 2024年2月9日

時をかける青春。切なさとスリルいっぱいの人気ストーリーが装いも新たに映画化『同感~時が交差する初恋~』

 「せつない」という、最近めっきり使われなくなった言葉を用いたくなるような一作。登場人物の誰にも幸せな将来が訪れるよう、願わずにはいられない。  いろんなファクター(どれも切ない)が交錯するが、物語の大きな背骨となるのは男子大学生のヨンと、女子大学生ムニのやりとり。だがこのふたり、同じ大学に通ってい […]

  • 2024年2月8日

「愛」の強さ・重さに性別の差などない! 実話をベースにした物語。『ファイアバード』公開

 どんなに優れたライタ―がどう書こうとも何かをとりこぼしてしまうのではないか。それほどに、さまざまな心情が錯綜する多層的な一作という印象を受けた。  話の中心となるのは、冷戦時代ソビエト占領下のエストニアの軍隊で知り合った男性ふたり。かたや二等兵のセルゲイ、かたやパイロット将校のロマン。階級は異なる […]

  • 2024年2月7日

俺を誘拐犯人にしたのは誰だ? 「バディもの」の枠を超えたスリル満点の一作『ジェントルマン』

 ガイ・リッチー監督の2011年公開映画『ジェントルメン』とは別作品。あちらが複数形なら、こちらは単数形で迫る。主役のチ・ヒョンスに扮するのは、映画『神と共に』シリーズ(韓国で2700万人を動員)や、ドラマ『キングダム』シリーズでも知られるチュ・ジフン。興信所の超辣腕社長としてダンディな毎日を過ごし […]

  • 2024年2月3日

石川県の温泉街をタップダンスで盛り上げる! ユーモアと感動に満ちた一作『レディ加賀』

 笑わせるところあり、泣かせるところあり、心を熱くさせるところありの秀逸な作品だ。10年ほど前に、加賀温泉の旅館の女将たちによって結成されたプロモーションチーム「レディー・カガ」から着想を得て企画された一本であるというから、ほぼ実話がベースなのだろう。老舗旅館の一人娘である主人公の樋口由香(東京でほ […]

  • 2024年2月1日

要注目の「新倉聖菜」が主演を務めた、ファンタジーいっぱいの物語『神さま待って!お花が咲くから』

 小児がんにおかされ、12歳で亡くなった少女をモデルにした一作。監督は松村克弥が務めている。  「病気もの」は見るのがつらい、という人も一定数いらっしゃるだろう。私もその傾向がある。やっぱり全員、元気で笑顔のほうがいい。が、この作品は、とてもさわやかだ。少女を襲った症状はあまりにも重かったが、彼女は […]

  • 2024年1月26日

世界の映画賞で42受賞、60超ノミネート。「生きる喜び」を知った少女が主人公の、感動物語『コット、はじまりの夏』

 第72回ベルリン国際映画祭 グランプリ 国際ジェネレーション部門(Kplus)、第95回アカデミー賞国際長編映画賞等に輝く一作が1月26日から全国順次上映される。  英語タイトルは「The Quiet Girl」。なるほど、主人公の少女・コット(キャサリン・クリンチ)は物静かだ。というより「物静か […]