映画『名も無き世界のエンドロール』でヒロインを演じ、その役作りの深さで監督を唸らせた「山田杏奈」。その新場面写真公開

映画『名も無き世界のエンドロール』でヒロインを演じ、その役作りの深さで監督を唸らせた「山田杏奈」。その新場面写真公開

 主演・岩田剛典(※単独主演)、共演に新田真剣佑を迎え、表裏一体のバディを演じるサスペンス・エンターテイメント映画『名も無き世界のエンドロール』を、1月29日(金)に公開いたします。

 何よりも強い絆で結ばれた幼馴染みのキダとマコト。2人は10年もの歳月をかけて、表と裏それぞれの社会でのしあがり、住む世界の違うある女性に近づき、プロポーズをしようとしていた。だが実はそれは、日本中を巻き込む“ある壮大な計画”だった――。

 穏やかで優しい性格でありながら裏社会に入り、いくつもの危ない橋を淡々と渡っていくキダ役に岩田剛典。キダの力を借りながら会社経営者となり、頭脳と情熱を注ぎ込みのし上がっていくマコト役を新田真剣佑。今や若手俳優の中でも傑出した存在感を誇る2人の初共演が実現。互いになくてはならない表裏一体のバディを熱演し、観る者の心を鷲づかみにする。

 物語のカギを握る2人のヒロイン役には山田杏奈、中村アン、また、石丸謙二郎、大友康平、柄本明などベテラン勢も集結!

 原作は、2012年「小説すばる新人賞」を受賞した、行成薫の同名傑作小説(集英社文庫刊)。監督は『ストロベリーナイト』、『累‐かさね‐』などを手がけてきた佐藤祐市。主題歌は今最も注目される若手シンガーソングライターの須田景凪(すだけいな)が本作のために書き下ろした楽曲「ゆるる」。2021年最大の衝撃サスペンス・エンターテイメントが、ここに誕生!

 本作で岩田剛典と新田真剣佑という豪華俳優陣と肩を並べ、強い絆で結ばれたキダとマコトの“壮大な計画”の鍵を握るヒロイン・ヨッチを演じるのは若手実力派俳優・山田杏奈。

 孤独な境遇で育ち、キダ(岩田)とマコト(新田)と3人でお互いを支え合うようにして生きてきた幼馴染のひとり・ヨッチ。いつもはマコトと共にキダにドッキリを仕掛け、無邪気な笑顔で周りを明るくする太陽のような存在の彼女だが、ふとした瞬間に辛い過去が垣間見える。

 山田は自身の役柄について「キダとマコトとヨッチの3人で本当にかけがえのない時間の中で、ヨッチも2人との関係をすごく大事にしている。自分の中の信念を強く持っていて、キダとマコトといるときはお姉ちゃんみたいなところもある魅力的な人」と語る。

 山田は強い信念を持って幼馴染の2人を愛情深く見守るヨッチを次々と表情を変えて演じきり、スタッフたちの度肝を抜いた。本作を手掛けた佐藤祐市監督は、スリリングなサスペンスを描く手腕に定評があり、TVドラマから映画化し日本中を席巻した「ストロベリーナイト」シリーズや、各話放送ごとにSNSで考察が盛り上がったことも記憶に新しい「危険なビーナス」(TBS系)も手掛けた大ベテラン。

 佐藤は本作の物語の鍵を握る重要なヨッチ役のキャスティングを、実際に山田に会って決めた。「山田さんはまだお若いですが、自分の役どころを明確に掴んでいて、最初にお会いした時から質問してくるところもすごく的を射ていました。それと同時に、監督としては一番怖い存在でもありました。繊細な表現力が必要なシーンでも理解が早く、さらにお芝居に入ると自分の意見もハッキリと伝えてくれる頼もしい存在。これからどういう風に成長していくのかすごく楽しみです」と語り、数々の名俳優たちを演出してきた佐藤でさえも思わず恐れるような唯一無二の表現力に最大級の賛辞を送りながら、彼女の未来にエールを送る。

 2018年にオーディションで勝ち取った初主演映画『ミスミソウ』が公開されるやいなや、その内容と共に山田の体当たりの演技が口コミを呼び、小規模公開ながらスマッシュヒットを記録。2019年は映画『小さな恋のうた』での演技が評価され、第41回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞。着実に俳優としてのキャリアを重ね、昨年末に公開された主演映画『ジオラマボーイ・パノラマガール』でも恋に恋する女子高生のハルコをチャーミングに演じきった。

 そして先日20歳の誕生日を迎えたばかりにも関わらず、芸歴は既に10年目に突入。山田自身、20歳を迎えることについて、「学生じゃなくて仕事をしている役も増えていくと思いますし、役を通じて色んな職業のことを知ったり、お芝居をすることが増えると思うので、楽しみにしています!」 と華々しい未来に期待をのぞかせる。

 2021年は1月29日(金)からヒロインのヨッチ役で出演した本作が公開されると、翌週の2月5日(金)には主演作で『犬鳴村』に続く【恐怖の村】シリーズ第2弾『樹海村』、そして土屋太鳳&田中圭との共演が話題の『哀愁しんでれら』と続々出演作が公開され、才能溢れる20歳の勢いはますます止まらない!

 この度、山田杏奈の表情にフォーカスした新場面写真と、新成人となったばかりの山田からのメッセージ&メイキング映像をそれぞれ初解禁。監督と真剣に役について会話するメイキングでは、20歳を迎え、さらに役の幅を広げていくことが確実な心強い姿も見てとれる。果たして彼女はどのようにヨッチを演じきったのか、そしてヨッチの存在はキダとマコトの人生にどう関わっていくのか……。

 2021年は、山田杏奈の名を覚えておいて損はない!『名も無き世界のエンドロール』は、1月29日(金)、全国ロードショー。

<山田杏奈 プロフィール>
2001年1月8日生まれ、埼玉県出身。2016年、『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』で映画初出演。『ミスミソウ』(18)と「幸色のワンルーム」(主演/18・ABC)で、映画・TV初主演を果たす。主な映画出演作に、『五億円のじんせい』(19)、『小さな恋のうた』(19)、『屍人荘の殺人』(19)、『ジオラマボーイ・パノラマガール』(主演/20)などがある。

TVドラマでは、「10の秘密」(20・CX)、「荒ぶる季節の乙女どもよ。」(主演/20・MBS)などに出演。現在はドラマ『書けないッ!?~脚本家 吉丸圭佑の筋書きのない生活~』(21・EX)に出演中。

公開待機作は、『樹海村』(主演/21)、『哀愁しんでれら』(21)などがある。山田杏奈 2021年 インテリアカレンダー発売中。

<ヨッチ キャラクター紹介>
11歳の時、キダとマコトのクラスに転校してくる。その時から、後にヨッチが「2人がいなかったら、あたしは生きてなかったよ」と語る程、強い絆が結ばれていく。ナイフの鋭さとガラスの脆さをあわせ持つ性格。好きなものはナポリタンと映画、怖いのは自分の存在が消されること。

 映像配信サービス「dTV」にてオリジナルドラマ「Re:名も無き世界のエンドロール ~Half a year later ~」の配信が、映画公開と同日の1月29日(金)より全3話で独占配信が決定!

舞台は映画のラストから半年後の世界。闇の交渉屋として生きるキダを中心に、幼なじみしか知らないはずのある言葉を放つ謎の女性との出会いをきっかけに自らの運命と対峙していく様を描きます。

【山田杏奈コメント全文】
――「ヨッチ」という役柄はどのような人物ですか?

 ヨッチは物語の中でキダとマコトと幼馴染で、高校生パートで出てくるのですが、キダとマコトとヨッチの3人で本当にかけがえのない時間の中で、ヨッチも2人との関係をすごく大事にしている。自分の中の信念を強く持っていて、キダとマコトといるときはお姉ちゃんみたいなところもある魅力的な人でした。

――監督とは役についてどのような話し合いをしましたか?

 キダとマコトと一緒にいる中で、二人との空気感をすごく大切にしたいっていうのを監督も言ってくださっていて。監督が現場で和ませてくださったので、シリアスなシーンや台詞でも重くなりすぎず、それがヨッチらしさに繋がっているなと思います。

――20歳になってみて、やりたいことはありますか?

 ずっと思っているんですけど、陶芸がやりたいです。ひとりで精神統一みたいなものをしてみたい! と気になっているので、20歳になったのを機に、今度こそ! という気持ちです。

――これから挑戦してみたいジャンルや演じてみたい役柄はありますか?

 年齢によって役に制限があるわけではないですけど、せっかく20歳になったので社会人の役。学生じゃなくて仕事をしている役も増えていくと思いますし、役を通じて色んな職業のことを知ったり、お芝居をすることが増えると思うので、楽しみにしています!

映画『名も無き世界のエンドロール』

1月29日(金)より全国ロードショー

出演/岩田剛典 新田真剣佑 山田杏奈 中村アン / 石丸謙二郎 大友康平 柄本明

原作/行成薫「名も無き世界のエンドロール」(集英社文庫)
監督/佐藤祐市(『ういらぶ。』、『累 -かさね-』 など)
主題歌/須田景凪「ゆるる」(WARNER MUSIC JAPAN / unBORDE)
制作プロダクション/RIKIプロジェクト、共同テレビジョン
配給/エイベックス・ピクチャーズ
(C)行成薫/集英社(C)映画「名も無き世界のエンドロール」製作委員会

公式サイト www.namonaki.jp

エンタメカテゴリの最新記事