• 2021年6月4日

グラドル「高梨瑞樹」が、いろいろなシチュエーションで迫られて脱いでしまう?

 グラビアアイドル高梨瑞樹の最新イメージDVD「高梨瑞樹 もしも瑞樹が…」の発売を記念したイベントが、秋葉原のソフマップAKIBAパソコン・デジタル館で行われた。  8枚目となる本作は、今年初頭に撮影を敢行。「初めてのオムニバス作で、いろいろなシチュエーションでの撮影は、とっても楽しかったですよ」と […]

  • 2021年6月4日

グラドル「林ゆめ」のファースト写真集『ゆめみごごち』が発売。「すごく想い入れのある一冊になりました」

 グラビアアイドル林ゆめが、1st写真集『ゆめみごごち』(講談社)を、本日6/4に発売。早くも人気を集めているという。発売日を迎えた彼女から喜びのコメントが届いたので紹介したい。 【1st写真集「ゆめみごごち」発売林ゆめインタビュー】 ――遂に1st写真集「ゆめみごごち」発売となりましたがいかがです […]

  • 2021年6月2日

「青山ひかる」が強気なロリータ女子を熱演! 映画『グレーゾーン』がいよいよ6月4日に公開。「思いっきり笑って、前向きになってほしい」

 宏洋がおよそ4年の歳月をかけて完成させたアクション・エンターテイメント作『グレーゾーン』が、いよいよ6月4日(金)より上映される。いがみ合う二組の極道家を軸に、予測不能な展開と激しいアクションで進んでいく注目作だ。ここでは、黒崎家の次女・美鈴を演じたマルチタレント青山ひかるにインタビューした。 ― […]

  • 2021年5月30日

「横道侑里」と「草場愛」が元気いっぱいな女の子を、コメディたっぷりに熱演! 舞台『The End Of通勤急行 大爆破』上演中

 細川博司 脚本・演出の、サイキック・ブラック・コメディ舞台『The End Of通勤急行 大爆破』が現在、池袋のシアターKASSAIにて上演中だ(~6月6日まで)。  これは、毎日の過酷な電車通勤を通して、超能力に目覚めてしまった女の子たちの姿を描いた、細川節も全開の作品。登場人物15役すべてがW […]

  • 2021年5月30日

アイドルグループ「ポスタルジア」新メンバー2名を加え再出発!

 5月29日(土)アイドルグループ「ポスタルジア」が新メンバーお披露目公演「RE:START」にて玄野まる子、松村美和の2名を加えて6人体制での新体制お披露目公演を行なった。  同公演では2名の新メンバーお披露目に加え、新曲、新衣装お披露目を行ない、本日最新のアーティスト写真を公開した。  ポスタル […]

  • 2021年5月29日

細川博司の妄想が爆発する舞台『The End Of 通勤急行 大爆破』、本日より29名の女性キャストで上演開始

 feather stageがおくる最新舞台『The End Of 通勤急行 大爆破』(5月29日~/@池袋・シアターKASSAI)の最終稽古の模様が5月28日、報道陣に公開され、各キャスト最後の調整に取り組んでいた(取材に入ったのはBチーム)。  本作は、バンタムクラスステージの細川博司氏が脚本・ […]

  • 2021年5月28日

「珠 鈴」、ネットショッピングにハマった自身のエピソードを綴った新曲「アマゾン」を本日リリース

 珠 鈴が、本日5月28日に新曲「アマゾン」をリリースした。本作は、コロナ禍で外に買い物に出ることが少なくなりネットショッピングの機会が増えた現実を綴った楽曲になっており、配達員とも顔見知りになるというエピソードも明かした。ファンクやディスコの要素を取り入れている。  作詞は珠 鈴、サウンドプロデュ […]

  • 2021年5月27日

フランス流の愛のかたちを堪能あれ。セルジュ・ゲンズブールの『ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ』が、4K完全無修正版で上映

 もう亡くなってそんなに経つとは、時の流れの速さに驚くばかりだ。八面六臂の鬼才、セルジュ・ゲンズブールの没後30年を記念して、いわくつきの監督・脚本・音楽・脚本・音楽担当映画『ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ』(1976年公開)が4K完全無修正版という形で5月29日(金)から新宿K’s cinema […]

  • 2021年5月27日

“ライブモンスター”の異名を持つ「アンダービースティー」が7周年単独公演で見せた、観る側の予測を次々と嬉しく裏切るエモすぎるライブ!!!!!

 5月18日に結成“7周年”を迎えた“ライブモンスター”“美しき野獣”の異名を持つアンダービースティー。同日には、2020年10月に新木場STUDIO COASTで行なわれたワンマン公演の模様を収録したLIVE DVD「アンダービースティー 新木場STUDIO COAST【UB roll a DIC […]

  • 2021年5月26日

大量の血を流し、カミソリが突き刺さる。デスマッチのカリスマ・葛西純の生きざまを収めたドキュメンタリー映画『狂猿』

 “血の気の多い人”という表現はあるけれど、ここまで多量の血を流す者は世界中探しても、そうはいないに決まっている。デスマッチファイター=葛西純。あまりにも過激なファイトの積み重ねがたたったのか、2019年のクリスマスの試合をもって長期欠場、療養に入った。だが、闘志の炎は消えることはなく、復帰に向けて […]