TAG

クロックワークス

  • 2022年7月5日

「恋をせずに交際しましょう」、そう割り切ってデートアプリで出会ったふたりの行く先は? 『恋愛の抜けたロマンス』公開

 英語タイトルは『Nothing Serious』。(心配するひとに)大したことない、もう大丈夫と言うような意味だ。  男女間の生々しい描写と、平成初期の日本の人気ドラマにも通じるトレンディ風味が絶妙にバランスして、なんとも「にくめない」作品に仕上がっている。一度や二度、つらい恋を通過したひとなら、 […]

  • 2022年6月21日

“恋愛職人”の異名をとる人気俳優ヨン・ウジンが、命がけで愛に溺れてゆく青年軍人に扮する話題作『愛に奉仕せよ』

 禁断の恋を描いた作品である。ここで読者のあなたに、ひとつ空想していただきたい。  あなたは真面目な軍人だ。すでに家庭を持っていて、優しくて素朴な妻と可愛い娘がいる。だが真面目すぎるがゆえか、軍人としてはいまひとつ出世できない。そこに師団長から声がかかった。文字通りの昇進のチャンスであり、その暁には […]

  • 2022年6月1日

「経済格差」、「親ガチャ」の先に、誰もが笑顔でいられる日常は決してやってこない。問題作『ニューオーダー』が、遂に日本公開

 喜びと悲劇のコントラストに、非情なまでに迫る一作だ。第77回ヴェネツィア国際映画祭で二部門に輝いたものの、いろんな映画祭で賛否両論が渦巻いたという。監督・脚本はメキシコの気鋭、ミシェル・フランコ。制作はまだコロナが猛威を振るう前だったとのことだが、これからの世の中がこの映画のようにならないという保 […]

  • 2022年5月25日

新旧のアウトローたちが、オリンピック目前のリゾート地で牙をむく『狼たちの墓標』

 血も涙もない、といったハードボイルドそのままな描写で行ききるかと思いきや、なんともエレガントでスウィートでダンディな展開が締めくくりで待っている。塩辛いものに砂糖をかけたら、うまいぐあいに塩辛さと甘さが共にアップした感じだ。2011年の韓国のヒット映画『狼たちの墓標』が、5月27日より東京・シネマ […]

  • 2022年5月5日

恋をするのは素晴らしい! トレンディ風味もあるハッピー・ムービー『僕と彼女のファースト・ハグ』が中国から上陸

 公開されるやいなや8.5億元(約150億円)の収益を上げたという中国の人気映画が、ついに日本上陸だ。  コメディアンのチャン・ユエンが監督・脚本・主演を担当。まったくタイプの違う人間同士が心を通わせていく様子が、コミカルなシーンの連続の中に、実に暖かな眼差しをもって描かれる。しかも往年のトレンディ […]

  • 2022年4月27日

ユナ(少女時代)も好演。韓国初の私設駅「両元(ヤンウォン)駅」をモチーフにした物語『手紙と線路と小さな奇跡』

 『手紙と線路と小さな奇跡』は、ほのぼのとシリアス、出会いと別れ、大都会と田舎、韓国と米国、いろんな対比が歯切れよく描かれた作品だ。  主人公のジュンギョン(パク・ジョンミン)は、天才的な数学の才能を持つ高校生。彼は往復5時間かけて村から通学している。しかも線路の上を歩くという、大変な危険をおかして […]

  • 2022年4月6日

『死霊のはらわた リターンズ』第2、3話の監督が描く、アドヴェンチャー+エンターテインメント+ホラー『クルーガー 絶滅危惧種』

 ものすごい濃度、ものすごいテンポで物語が進んでいく。これがテレビもパソコンもない時代の制作なら“ひと息つく”場面にたどり着くだけで、映画一本分の尺を使い切ってしまったかもしれない。が、この作品では、その“ひと息”がプレリュードなのだ。  そして観終わったとき、「人間がこの地球に生きる意義とは?」「 […]

  • 2022年2月12日

仮面夫婦の愛のゆくえは……? 極寒の雪景色の中で繰り広げられる極限シチュエーション・スリラー『ティル・デス』公開

 観ているあいだ体が冷えていくのが分かる。画面に充満する雪景色や暴風や氷を見ているうちに、その寒さや厳しさがスクリーンを超えてリアルにこちらに飛びかかってくるような錯覚を覚える。そしてフォーリー(効果音)の数々が異様に生々しく鮮明だ。ストーリー、画面、サウンドが一体となって“怖さ”を打ち出してくる。 […]

  • 2021年11月24日

ネルス・クラインやマーズ・ウィリアムスがサントラに参加。クールでディープな2020年代ホラー映画『ダーク・アンド・ウィケッド』がここに

 筆致、いや、映致がクールであればあるほど、じわじわと迫りくる恐怖もひとしおだ。音響、声の出し方、メイク等も含めて、実に怖さが後を引く映画に出会ってしまったという印象を抱く。その作品こそ、『ダーク・アンド・ウィケッド』である。『ストレンジャーズ/戦慄の訪問者』で地位を確立した気鋭ホラー・マスター、ブ […]

  • 2021年6月24日

アジア気鋭女優の競演の『ソウルメイト』。永遠の友情は存在するのか、それを切り裂くものがあるとしたら何か? 5年の歳月を経て遂に日本公開

 第93回アカデミー賞国際長編映画賞ノミネート作品『少年の君』の監督として注目を浴びるデレク・ツァン、その若き日の単独監督デビュー作にあたる『ソウルメイト/七月と安生』が6月25日(金)から東京・新宿武蔵野館ほか全国公開される。  タイトルに記されているように、七月(チーユエ)と安生(アンシェン)は […]